読書感想文のこと

大体の場合は高校生くらいまで、夏休みの宿題で読書感想文なるものがある。
それも、参考図書とか推薦図書一覧みたいなものをもらって、その中から一冊読みましょうみたいなやつだったりする。

今でこそ文学作品を読むようになったが、学生だった頃の私は、読書感想文の対象になるようなものを読んでいたわけではなかった。
従って、文系の先生達が、これは是非青少年が読んでおくべきと選定してくれた本群には、一向に興味がわかなかった。

ということで、本屋にそのリストを持って行って選ぶのは、一番薄いもの。
なおかつ、文庫本の後ろにちゃんと「解説」が載っているやつだ。
それを飛ばし飛ばし読んで、最後の方だけ数ページしっかり読んで、解説にも目を通し、得た情報を総括的に要約し読書感想文として提出したにすぎない。

果たしてこの行為が私だけのものだったとは思えない。
同じような怠惰な学生が少なからずいたものと信ずる。

でも、出来ればちゃんと一冊、自分の力で読んできちんと自分の言葉で感想文をかくべきであった、と今になって思う。
先生達が選定してくれた本は、その時の自分たちにとって決して分かりやすいものではなかった。
むしろ難しくてよく判らないものが多かった。

けれども、それでよかったのだ。
そもそも学生の頭で必死に練って考えたといったって、それは成長過程の人間のもの、完成されたものなどが出来るはずもない。
また、完成されたものが期待されているわけもない。

それなのに当時の私は、曲がりなりにもある程度形の整ったものを書こうとした。
それらしく、見栄えのいいもの。
自力で読んでも考えてもいないのだから笑止千万だけれども、取り繕って体裁のいいものをまとめようとしたのである。

でもおそらく本来の「読書感想文」の主旨は、そんなところにあったわけではなかろう。
その証拠に、私の愚にもつかない形ばかりの読書感想文の成績が良いはずもなかった。

本を読んで得るものというのは、その時々の自分の状態でどのようにも受け取り方が変わってくる。
そして、それが面白いところなのだと思う。

だから、提出するべき読書感想文というのも、「今」の自分が感じるところを、まとまらないなりにも一生懸命考えて、それで自分の出来うる限り目に見える形にすればよいだけなのだ。
結局、その「考える」行為を学ばせるための宿題なのだ、と今になって気づいたのである。

当時の私の感想文を読んだ先生は、おそらく失笑したことだろう。
実際に本を読んでいないことくらい、きっと最初から分かってしまっただろうから。
あの時は上手くいったと思っていたかも知れないが、上手くいっているわけもなかったのだ。
今思い返しても、全く赤面してしまう。

金沢行き東京発の夜行高速バス格安予約
地図から出発するエリアの高速バスを探して最安値で予約出来る検索サイト
www.489.fm/
関連:www.thaibone.com

«