高校時代の思い出

人生で一番充実していた時期、なんていうものは、まだ大して生きていない私には決められないけれど、少なくとも高校一年生だった一年間は、その内の一つに挙げられます。
私は中高一貫の学校に行っていました。

そのためメンバーも中学時代から殆ど変わりません。
しかもクラス分けの神様が微笑んだのか、仲の良い子や明るくて活発な子ばかりの集まるクラスになりました。
担任の先生も大好きで、皆のやる気を尊重して、よい意味で放任してくれるような、そんな素敵なおじさんでした。

一年を通してずっと楽しかったのですが、特に思い出に残っているのは文化祭のことです。
持ち前の積極性で「今までにどのクラスもやらなかったことをやろう!」という話になりました。
話し合いの結果、今まではお店やゲーム、展示が中心だった中、私達のクラスは教室で劇を行うことに決定しました。

さて問題はここからです。
既存の脚本じゃつまらない!ということで、何故か文化祭委員だった私に脚本作りのお鉢が回ってきたのです。
他の文化祭委員のメンバーと何度も相談して練直しを重ね、1週間ほどかかって作り上げました。
お姫様と継母と七人の小人が出てくる童話のパロディで、お姫様がとんでもなくわがままで野蛮、それに皆が振り回されて……というコメディでした。
しかし最後には愛の力で全てが丸くおさまり、全員が手を繋いで終わります。

大道具、小道具、衣装、音響など、全員が知恵と力を出し合って一つの舞台を作り上げました。
本番は大盛況でした。
笑いやら悲鳴やらが教室から漏れて、その効果で更に人が集まって……という感じでした。

皆で力を合わせて一つのことをやり遂げる充実感がありました。
これは大人になってからはなかなか味わえないものだと思います。
これからまだまだ人生は長いですが、この経験は一生忘れないのだろうなぁ、と思っています。

高速バス人気路線は東京大阪区間
高速バスの予約は最安値を調べてからでも遅くない。東京大阪人気区間の座席確認はコチラ。
www.489.fm/
人気の東京大阪間夜行バス
関連:www.levne-letenky.info

«
»