GoogleSEOのリスクヘッジ対象はソーシャルメディアか

Googleで事実上支配される国内の検索事情ですが、Google対策がどうしても苦手であるなら、どう手を打ちますか?

Yahooは好調で、Googleは苦手だというSEO実践者や業者は、確かに存在すると思います。

特に、リンク出しだけに終始している業者は、GoogleでNG扱いされると打つ手なしで、見込み客には利用者の多いYahooに特化しています、という触れ込みにしているようです。

GoogleSEO対策が苦手な場合、ソーシャルメディアしか無いでしょうね。

検索トラフィックを管理ドメイン以外のページから増やす

検索からの集客においては、全て、所有のドメインで実行することに拘らなくても良いと思います。

ポータルサイトや他の強力なドメインパワーを有したサイトに手伝ってもらうことも、レバレッジ効果が期待できるのではないでしょうか。

例えば、メールマガジンを配信しているのならば、自社配信で無い限りはメールマガジン配信スタンドに登録することで実行可能です。

この配信スタンドのドメインと与えられたページを上手く使いこなして、検索トラフィックの増加が可能です。

SEOに強いテンプレートをお使いの皆様へ評判はいかがですか?

SEOに強いテンプレートの実態を暴くことにします。

よく見かけると思いますが、無料で配布されているSEOに強いテンプレートについての評価って、あまり聞かないですよね?

そうなんですよ、いちいち検証する人っていないんですよ。
SEOに強いテンプレートということだけで、本当に、SEOに強いと思い込んでしまっている人たちが手に入れるわけですから、疑問や不信感は一切持たないんですね。

で、メールアドレスだけ取られて、バックエンド商品を紹介するメールがとんどんやってくるという図式が成り立っています。

«
»