ビジネスモデルの変化を受け入れるスモールビジネス

ビジネスモデルの賞味期限は、いったいいつなのかを嗅ぎ取ることも、経営者には大切な感性だと思います。

市場には寿命があり、未来永劫栄えることは非常に稀なケースです。

企業にも寿命があり、成長を目指さなければ事業活動は停滞し、回復不能な状態にまで落ちてしまうことはあるのです。

大企業は複数の強固なビジネスモデルによって、倒産のリスクをヘッジしていますが、個人や一円株式会社などのスモールビジネスにおいては、ビジネスモデルの変化を受け入れることが大切です。

«
»