SEOの本質はライバルサイトの研究ではない

ライバルサイトの研究って、必要ですか?

SEOの定説と思われている、ライバルサイトのチェックですが、必要以上に時間を割く必要は無いと思います。

どういうチェックをするのですか?
検索ランクやバックリンク数の増減など、何の意味も無いと思います。

ビジネスサイトを通じて、自社の業績向上のSEO対策に集中するべきであり、ライバルサイトを研究することが、SEOの本質ではありません。

業績につながることを考えるなら、SEO塾のサイトへ行って見ることが一押しです。

ライバルサイトの研究をした気分になることが、最もSEOでの成果を阻害する要因です。

動的サイトと静的サイトとURLの最適化の問題は解消されたのか

最近は動的サイトと静的サイトのインデクスの差については、さほど言及されなくなりました。

クローラーの性能が格段に向上したこともあって、ほぼ、この問題に関しては解消されたと見ていいのでしょうが、米国では、根強くURLの最適化が叫ばれているようですね。

URLの最適化は、ディレクトリとコンテンツページの階層化やパラメータの除去、正しいリダイレクトについて細々とあります。

簡単に言うと、URLを読んだだけで、コンテンツの内容がわかることがベストという考え方が根底にあるのでしょうね。

ビジネスサイトのSEOは検索ランクのアップだけでは意味が無い

ビジネスサイトのSEOは、検索ランクのアップだけではなく、成約数のアップも念頭に置くべきですね。

検索ランクのアップとともに、トラフィック数の上昇とコンバージョンの向上が見込めない場合は、キーワードが適正では無い可能性もあります。

成約ページと言われるランディングページへの動線、あるいはページの設計そのものに問題も内包されている可能性もありますので、一概にキーワードの選定ミスとは言えない面もあります。

総合的にメンテナンスを繰り返して、最適化は進みます。

«