スマートフォン関連市場の伸びはアプリ数でわかる

スマートフォン向けの関連市場が急速に伸びていることは、周知の事実ですね。

アプリケーションソフトのケースでは、iPhone用が30万に対して、Android用が早くも10万という大台に乗せてきています。

将来的には、どちらのOS向けであっても、100万単位でアプリケーションが開発されるはずです。

そしてスマートフォンでのウェブ閲覧機会も増えることで、スマートフォン向けのウェブサイトへの対応の需要も増加することでしょう。

ソーシャルメデイアと親和性が高いブラウザ

元Netscape創業者らが、新ブラウザ「RockMelt」を発表したことに、驚きを隠せない人も多いでしょう。

既にブラウザは、飽和状態にあると思っている人が大多数ではないかと思っているのですが、ソーシャルメディアの台頭で、親和性の高いブラウザとしてポジショニングするようです。

しかし、ブラウザに関しては、一般ネットユーザーは一旦使い始めると、なかなか切り替えることはないものですよね。

複数立上げは、IT関係者に多いと思いますが、シェアの高いブラウザを使うことは業務上でも必要なことですからね。

検索能力の向上が欲しい情報へのアクセスを早める

スマートフォンが続々と登場し、どの機種が自分にとって都合の良い道具となるのか、皆目見当も付かない人が多くいると思います。

IT関連のサイトは、スマートフォンの比較検討や特集のコンテンツをアップしたりしていますし、実際に実機を使っての操作性などのレビューを動画で配信しています。

検索能力が高ければ、自分の知りたい情報を即座に見つけることが可能ですが、検索能力がまだ低い場合は、ニュースサイトなどを注目してみてください。

«
»