ソーシャルメディアの認知度の高さに惑わされない

ソーシャルメディア最適化という手法は、これから浸透していくものと思われますが、国内のソーシャルメディアの認知度についての調査結果が、ニュース記事に上がっていました。

調査対象のソーシャルメディアでは、mixi、GREE、モバゲータウンが9割近い認知度があり、TwitterやYouTubeも同様の高さを示しているようです。

ソーシャルメディアをビジネスに活かすことで、一定の成果が出ているのは、Twitterのみであるというところがひっかかりますが、SEOとソーシャルメディアの連携は捨てがたいものがありますね。

FirefoxのSEO系アドオンに匹敵する他ブラウザのアドオンを教えて

SEOツールがブラウザに付属していると多少なりとも便利ですよね。

SEO系のブラウザアドオンは、現時点では、Firefoxが独壇場だと思っていますが、その他のブラウザに目ぼしいものはありますか?

最近、IEとFirefoxを併用するようになった、ある人曰くは、一週間もしないうちに、メインブラウザをFirefoxにしてしまったとのことでした。
オープンソースの強みでしょうも、カスタマイズとオドオンの融通性の高さというのは。

メディアの違いがモノの売れる売れないの原因とはならないでしょう

ソーシャルメディアではモノが売れず、産業メディアでは飛ぶように売れる、この差は一体何なのでしょうか?

ソーシャルメディアは、誰もが情報を発信できる媒体を指しますが、その分、情報やコンテンツそのものが大衆化され、取引の場とは一線を画す存在であるという認識があるのではないかと思います。

信頼性の違いでしょうか、歴史の違いでしょうか、インターネットと従来の通信方法による認識の違いでしょうか?

単純にマーケテイングの差だと思うのですが、いかがでしょう?

«