激戦キーワードを含むニッチマーケティングの考え方

ビジネスホテルを利用するのは、出張のサラリーマンだけではなく、最近は一般旅行客も増えているようですね。

SEOの観点から、キーワード「ビジネスホテル」は激戦区です。

検索してみるとわかると思いますが、超強力なブランド名を有するサイトが軒並み上位表示されています。

コスト面でウェブマーケティングへの資金投入が限られていて、SEOを内製化するとした場合、当然、ニッチなキーワードを探ることになりますね。

知恵を絞るのはプライスレスですね。

Yahoo!カテゴリ登録はSEOへの貢献よりもサイトの信頼性の証明に

Yahoo!カテゴリへの登録が、ご存知とは思いますが、SEOに絶大な威力を持っていたことがありました。

今はどうでしょうか?

SEOコンサルタントの中には、未だに、SEOへの影響を信じて疑わない人もいますし、資金的な問題を絡めてクライアントの判断に委ねる方もいます。
真っ向から必要なし、というSEOコンサルタントはいないですね。

ビジネスエクスプレスはSEOよりも寧ろ、Yahoo公認のウェブサイトという側面を利用することを考えると良いですよ。

スマートフォン向けコンテンツのSEOが伸びる要因になりそうな出来事

スマートフォンの中古販売が始まるそうです。

とうとう出てきました、スマートフォンの中古販売が。
これでますますスマートフォンがケータイを追い越す体勢が整った感じですが、どの程度の中古レベルかによっても、普及の伸び率が変わってくると思います。

パソコンでも中古市場が活況なので、スマートフォンの中古市場も急速に拡大するとは思いますが、今まで、そんなサービスが無かったのは不思議ですね。

iPhoneの前機種なんて、まだまだ需要は高いと思うんですけどね。

«