ライティングひとつで売上げが伸びることを体験したい

ビジネスサイトのライティングについて、ちょっと考えてみましょう。

ライティングは、実はお金を掛けずにスキルアップが可能です。
もちろん今日明日レベルで上達するものではありませんが、ライティングスキルに長けている人は、文章を書く量が多いのですよ。

つまり場数を踏んで、反応を冷静に見ることが、一番の上達方法ではないかと思っています。

それとスパイスとして、常套句の使い方や新聞・雑誌等の既存メディアからの学びで、誰もがライティング力を改善することが出来るでしょう。

コンサルタント業は時間の切り売り商売ではないことを確信

コンサルタント業は、時間の切り売りなので、実は効率性の良くないビジネスです。

しかし、これを嘆くようでは、コンサルタントとしての器が問われます。
時間の切り売りだからこそ、売られるものがあるわけです。

例えば、人脈形成は対面活動以上に有効な方法はありませんし、対面することによって思わぬ収穫や新しいビジネスにたどり着くことも否定できません。

コンサルタントはクライアントのために時間を使うのではなく、クライアントとSEOの知識を共有することが大切なので、時間の切り売りなどという発想自体が稚拙な考え方になりますね。

コンサルタントはクライアントとのリテラシーの差を埋める努力も必要

SEOのコンサルティングで必要なのスキルは、通訳能力です。

SEOを希望するクライアントの全てが、SEO経験者ではありません。

ウェブサイトの運営についても、実はよくわかっていない、いや、計画的で無いなどの行き当たりばったりの人が多いものです。

ここで問題なのが、ウェブサイト全般に関わることのリテラシーの差なんですね。
このリテラシーの差を上手く縮めることを通訳と言っているわけです。

例えば、専門用語を専門用語以外で概念を説明出来ることは、コンサルティングにおいても必要なスキルです。

«
»