テーマを連想させる言葉がキーワードであると勘違いすることは避けよう

キーワードを過剰に意識するあまり、トップページに何十個というキーワードを詰め込んで、全てに最適化しようとする人がいます。


そんなのは無茶です。
キーワードを何十と詰め込むと、テーマがぼやけてしまうはずなのです。

テーマという大きな枠組みがあり、それを象徴する言葉で、かつ、検索ユーザーの意図を汲み取る言葉がキーワードであるべきです。

連想されるキーワードを全てに詰め込むようなことは、SEOの観点から見ても逆効果で、決して、ニーズと一致しているとは言えないでしょう。

まず自分自身が思い付くキーワードは、好き嫌いの観念が根底にあり、マーケティング視点とはズレている可能性が大きいので、客観的な評価を下すことは困難です。

SEO塾ブログ 二代目
このブログから、ヤフーSEOが完成し、次の三代目へ継承
www.seoragnarok.com/

SEO塾ブログ 三代目
SEO対策の失敗をリカバリーするSEO塾のグーグル・ヤフー情報
www.seoragnarok.com/blog/

SEO評論家のSEO対策に信用できないならSEO塾ブログを読むことをおすすめします。

«
»